ハイドロキノンの副作用ってどんなの?

ハイドロキノンの化粧品を使いたい、美白剤をして、肌のしみやしわを除去してくれるがその美白効果が強力であればあるほど、ハイドロキノンの副作用ってどうなんだろう?と心配になったりするのは当然でしょう。このハイドロキノンでの副作用で聞きますので、かぶれたりしたり、皮膚に対しての刺激が起こったりすることがあるようですね。赤みや刺激などが強く出る場合には、中止をすぐにして医師へ相談を必ずするようにしましょう。
ハイドロキノンは安定性が非常に悪くて、酸化して出来るベンゾキノンは刺激が強い成分ですので、茶色に着色したような劣化したものであったり、純度が悪い原料を使用したようなものは使わないようにしましょう。シミ・シワを除去するのに高濃度でのハイドロキノンを長期間使用してしまうと、白くはなり美白効果はよいが、副作用で色が抜けすぎてしまってその部分が白斑になってしまうことや、色素沈着白斑が出来てしまう可能性があると今では知られていますのでご存知なかった人は注意しましょう。皮膚科専門医でのお話によりますと、濃度が5%以上でのハイドロキノンでは危険性が高いそうといわれていますので、濃度は確認しましょう。
高濃度のものを、長期大量に使ったりして尚且つ無防備に日光を浴びたりした場合などに、色素沈着がおこったなどといった例もあるようですので、もしハイドロキノンを使用中であったりするときには、UVケアも必ずするようにしましょう。
また肌が弱いかたは、ハイドロキノンが刺激も強いですので安易に化粧品をしようしたりすると、想定していないような事態もおこることがありますので、いきなり高濃度での化粧品の使用は避けて信頼のおけるきちんとした皮膚科などのようなところでカウンセリングを受けたりして処方をしてもらうことも必要となってきます。
アンチエイジングや美白は望む人も多いですが、こういった副作用には十分注意するようにしましょう。
美白の方法は?シミ・シワの解決策を知ろうHOMEへ 美白の方法は?シミ・シワの解決策を知ろうHOMEへ