トレチノインハイドロキノンの効果は

ニキビやシワの治療の方法でアメリカで使われているもので、トレチノインといわれるものがありますが、これはビタミンAの誘導体ですね。このトレチノインは日本ではまだ認可はされてはいないのですが、皮膚の若返り(アンチエイジング)としての薬で使われていたりします、美容外科といったところでは、ニキビの治療に用いていたりするようなところがあるようですので名前を聞いたことがあるかも知れませんね。アンチエイジングといわれる言葉が使われるようになって、若返りに興味があるかたも多いと思いますが、アンチエイジング化粧品でビタミンAも多く使われている成分ですね。トレチノインとはこのビタミンAよりも約100倍といった効果を持つと言われている成分で、ビタミンA類といった体の中での生理活性の、本体そのものであるようです。
働きとして、表皮の深いところになるメラニン色素を外に出したりします、これはトレチノインが表皮にある細胞を活発にして増殖させることで、表皮にある細胞が上にどんどんとあげられていってその現象のときに、一緒にメラニン色素を持ち上げていって、だいたい2〜4週間といった日数で外にメラニン色素を出すといったことをします。このような特徴がトレチノイン にはあるのです。他に皮膚に対しての作用としては、角質をはがすことであったり、表皮の細胞を分裂させていき皮膚の再生を促すようなことであったり、皮脂線の働きをおさえることによって、皮脂の分泌も抑えたりしますし、真皮に関してもコラーゲンの分泌を高くして皮膚の張りや小じわの改善を長期的ではあってももたらしてくれるといったこともありますね。また皮膚をみずみすしくしてくれるように、表皮の中でヒアルロン参などといった粘液性の分泌も高めることもするようです。
治療では、、こういった期間中ずっと強い漂白剤として考えられているヒドロキノン(ハイドロキノン)を作用させることで、メラノサイトに対して新しいメラニンを作らせないようにしておきたりします。この流れが結果的に、表皮にメラニン色素が少なく、きれいで新しい皮膚に置き換えられるといったことになるのですね。
美白の方法は?シミ・シワの解決策を知ろうHOMEへ 美白の方法は?シミ・シワの解決策を知ろうHOMEへ