ハイドロキノンの美白効果は

ハイドロキノンという名前は、美白やアンチエイジングに興味があるかたは聞いたことがあるかもしれませんね。このハイドロキノンは案外、新しいようなイメージを持っているような人もいるかもしれませんが、実際には戦前や戦後の頃にもあったようです。医薬部外品でのヒドロキノン(皮膚薬ではハイドロキノンと呼ばれる場合が多い)は、強力な漂白作用を利用していて皮膚科などで美白剤として処方されたり、ヒドロキノンを配合した軟膏やクリームが薬局などで市販をされたりしていますし、肌の漂白剤と呼ばれるくらいの強力な漂白作用がある塗り薬でもあります。ハイドロキノンの効果は高くて1%程の濃度でも十分美肌効果を実感することが出来ることは濃度が濃い4%とかに比べると安全ではありますね。どんな仕組みや効果がハイドロキノンにあるかといいますと、シミやシワの原因のメラニン色素を生成させる酵素(チロシナーゼ)の働きを抑制をしたりメラニン色素を造る細胞である、メラノサイトの数を少なくさせるような作用もあわせてもっています。シワやシミの予防・美白では有効なものとして、ビタミンC、プラセンタ、コウジ酸といったものもハイドロキノン以外でも知られていますが、この他のものとの有効成分の大きな違いが、ハイドロキノンにはあり、何かというと既に生じている、シミ(皮膚にメラニン色素が沈着しているもの)を取り去るといった効果があるのです。メラニン色素の生成の抑制をするような働きがあるビタミンCなどはありますが、既に生じてしまっているシミには期待するような大きな効果はないと考えられているようです。そういった効果はあるものの、副作用も強いものああり下手に使用すると、褐色変性と呼ばれる塗った箇所が茶褐色に変色するようなことや、白抜きといった周囲だけが白く抜け落ちてしまうような副作用があります、色素は抜けてしまうと元に戻ったりはしませんので、使用するときは慎重に注意が必要です。もしあまりに濃度が高い10%などのクリーム等があれば、十分使用上の注意は確認してくださいね。
ハイドロキノンでは、トレチノインとハイドロキノンを併用する方法や、クリームではドクターシーラボなども有名ですが、そういった実際にしようしたひとの体験談や口コミをみてみても参考になるかもしれませんね。

トレチノインハイドロキノンの効果は

ニキビやシワの治療の方法でアメリカで使われているもので、トレチノインといわれるものがありますが、これはビタミンAの誘導体ですね。このトレチノインは日本ではまだ認可はされてはいないのですが、皮膚の若返り(アンチエイジング)としての薬で使われていたりします、美容外科といったところでは、ニキビの治療に用いていたりするようなところがあるようですので名前を聞いたことがあるかも知れませんね。アンチエイジングといわれる言葉が使われるようになって、若返りに興味があるかたも多いと思いますが、アンチエイジング化粧品でビタミンAも多く使われている成分ですね。トレチノインとはこのビタミンAよりも約100倍といった効果を持つと言われている成分で、ビタミンA類といった体の中での生理活性の、本体そのものであるようです。
働きとして、表皮の深いところになるメラニン色素を外に出したりします、これはトレチノインが表皮にある細胞を活発にして増殖させることで、表皮にある細胞が上にどんどんとあげられていってその現象のときに、一緒にメラニン色素を持ち上げていって、だいたい2〜4週間といった日数で外にメラニン色素を出すといったことをします。このような特徴がトレチノイン にはあるのです。他に皮膚に対しての作用としては、角質をはがすことであったり、表皮の細胞を分裂させていき皮膚の再生を促すようなことであったり、皮脂線の働きをおさえることによって、皮脂の分泌も抑えたりしますし、真皮に関してもコラーゲンの分泌を高くして皮膚の張りや小じわの改善を長期的ではあってももたらしてくれるといったこともありますね。また皮膚をみずみすしくしてくれるように、表皮の中でヒアルロン参などといった粘液性の分泌も高めることもするようです。
治療では、、こういった期間中ずっと強い漂白剤として考えられているヒドロキノン(ハイドロキノン)を作用させることで、メラノサイトに対して新しいメラニンを作らせないようにしておきたりします。この流れが結果的に、表皮にメラニン色素が少なく、きれいで新しい皮膚に置き換えられるといったことになるのですね。

ハイドロキノンの副作用ってどんなの?

ハイドロキノンの化粧品を使いたい、美白剤をして、肌のしみやしわを除去してくれるがその美白効果が強力であればあるほど、ハイドロキノンの副作用ってどうなんだろう?と心配になったりするのは当然でしょう。このハイドロキノンでの副作用で聞きますので、かぶれたりしたり、皮膚に対しての刺激が起こったりすることがあるようですね。赤みや刺激などが強く出る場合には、中止をすぐにして医師へ相談を必ずするようにしましょう。
ハイドロキノンは安定性が非常に悪くて、酸化して出来るベンゾキノンは刺激が強い成分ですので、茶色に着色したような劣化したものであったり、純度が悪い原料を使用したようなものは使わないようにしましょう。シミ・シワを除去するのに高濃度でのハイドロキノンを長期間使用してしまうと、白くはなり美白効果はよいが、副作用で色が抜けすぎてしまってその部分が白斑になってしまうことや、色素沈着白斑が出来てしまう可能性があると今では知られていますのでご存知なかった人は注意しましょう。皮膚科専門医でのお話によりますと、濃度が5%以上でのハイドロキノンでは危険性が高いそうといわれていますので、濃度は確認しましょう。
高濃度のものを、長期大量に使ったりして尚且つ無防備に日光を浴びたりした場合などに、色素沈着がおこったなどといった例もあるようですので、もしハイドロキノンを使用中であったりするときには、UVケアも必ずするようにしましょう。
また肌が弱いかたは、ハイドロキノンが刺激も強いですので安易に化粧品をしようしたりすると、想定していないような事態もおこることがありますので、いきなり高濃度での化粧品の使用は避けて信頼のおけるきちんとした皮膚科などのようなところでカウンセリングを受けたりして処方をしてもらうことも必要となってきます。
アンチエイジングや美白は望む人も多いですが、こういった副作用には十分注意するようにしましょう。

ハイドロキノンと美白

美白でハイドロキノンが脚光をあびてきていますが、果たして効果や副作用はどうなのでしょうか?またどういった商品があるのでしょうか、気になるハイドロキノン化粧品も調べてみましょう。
ハイドロキノンとは、日焼け・シミへの原因へつながることとなる、メラニン色素の生育を抑えることの効果があるもので、生育を防ぐことで美白やしみに対しての効果が期待されているようですね。これは以前からあるものらしいですが、日本でも戦前〜戦後のしばらく化粧品に配合をされていたりしたようです。しかし、副作用で白斑ができてしまうといったことから、昭和32年に当時の厚生省がハイドロキノンを化粧品へ配合を禁止をしたようで、その後日本では、使用禁止のような状態が長いこと続いてきました。最初から皮膚科の医師でしか使用できない成分だったようで、一部の皮膚科医では自分でハイドロキノンのクリームを作ったりして、自分の患者さんにだけに処方していたりして、秘密・美白クリームとして好評だったりしたようなところもあるようですね。一部の人などは海外などからハイドロキノンのクリームを個人輸入したりして使われていた場合もあるようですが、今とは違って、輸入も簡単ではないため大変だったのではないでしょうか。
ハイドロキノンは写真の現像・合成で還元剤で使用されていた、重合防止剤およびその原料、ゴムの酸化防止剤原料、染料の原料、農薬原料などでも利用されてもいたようです。
最近になってようやく、厚生労働省がハイドロキノンの化粧品へ配合をすることを認めるようになってきたようで、今後は日本国内でもハイドロキノンが普及していくのではないでしょうか。ハイドロキノンは強い薬になりますので肌が敏感な人などは炎症を起こしたりする可能性もありますので、そういった場合には使用を中止して医師にすぐご相談するようにしてください。
こういった注意を知ったうえで、美白やアンチエイジングに興味があれが化粧品を調べてみてもよいですね。
美白の方法は?シミ・シワの解決策を知ろうHOMEへ