ロクシタンのシアバターの秘密

ロクシタンのシアバターについて知っておきましょう。これは樹齢300年を向かえたシアの巨木の実から取り出されるのです。アフリカのサバンナでの大地に根をおろしているシアの巨木でオーガニックの王道とも言われるものシアの木から生まれるものが、シアバターなのです。

西アフリカの女性のかたがたは、健康を守るためでの、万能の薬としてもシアバターを大切にしてきているようですし、貴重でもありますシアバターを古来より、お守りのようにしようしてきたとも言われているのです。それほどの歴史と素晴らしさがあるのですね。このようにロクシタンのシアバターは、樹齢300年のシアの木そして大自然のパワーを宿して、製品化をされてきているのです。

日本ではまだそんなに知名度が高くないかも知れませんので、ロクシタンのシアバターを始めて使う人はお土産でもらったなどといった場合も多いみたいですね、販売店も限られていたりしますので、お土産でも気の利いたものとなるかもしれませんね。お土産で化粧品・コスメを選ぶのは難しいと思われるでしょうし、実際に有名ブランドのものならお土産でも喜ばれるかなと思っても、もし口紅なら好きな色もありますし、香水も匂いに好き嫌いもあります、また肌に付けるものも肌に合わない場合もあることでしょう、そういった時に、ロクシタンを選んだりすると、喜ばれたりすることも多いようなのですね。

西アフリカ原産であります、貴重なシアの実から取れるエキスを化粧品にとりいれてから、ロクシタンのシアバターは乾燥から、肌・角質を保護するクリームとなってロクシタンを代表するといってもよい、アイテムになったのです。また全身に使えるといった、100%天延クリームのロクシタンピュアシアバターもあるようですね。

ロクシタンのシアバター、まだ使用したことがないようでしたら一度試してみてはどうでしょうか?

ロクシタンのハンドクリームの保湿は

ロクシタンを好きで使用者のかたもいらっしゃるでしょうが、ハンドクリームシリーズでは、潤い感が実感ができるような、天然の保湿成分でありますシアバターが配合をされているようです。

ロクシタンでのハンドクリームのシアバターに関しては、秋冬シーズンの保湿の切り札ともいえるのではないでしょうかね。このシアバターがどういったものかと言いますと、西アフリカ原産のシアと言われる実から取れますバター状の植物油脂であります。赤ちゃんや女性のための保湿といったことで、生産地では重宝されているようなのです。

シアバターの魅了は、ささくれ・甘皮もしっとりと落ち着かせるといった優れた保湿力と、ベタつかずサラリとした仕上がりでしょう。手は日常生活でも一番動かすでしょうし、外気にも触れますそしてなにより普段のしぐさでも目立つ部分となりますので大事ですね。ですから、冬になって乾燥をしてくるお肌の手入れで、ロクシタンハンドクリームがオススメなのではないでしょうか。乾燥が激しい真冬なとでもしっとり・滑らかな肌へのお手入れが出来ますね。

ロクシタンのハンドクリームをもし使用したことがあるかたなら、お肌がすごく潤いをもつことが分かるのではないでしょうか。知っておいたほうがよいのは、ロクシタンのハンドクリームは最初は香りがきついと思いますが、つけてからしばらくたちますとほんわりとした甘い香りに変わってしますので、一度お試しになってみるとお分かりになると思いますよ。

ロクシタンのハンドクリームで代表的な製品では、ロクシタンチェリーブロッサムハンドクリームスペシャルから人気のあるローズベルベットハンドクリームの限定サイズがセットになっています、ローズハンドクリームデュオといったものが人気商品ですね。

ロクシタンの商品がほしいときには、お店にいくとサンプルがだいたいは置いてありますので、ハンドクリームだけではなく香りを試してから購入するようにしたほうがよいですね。是非あなたの好きな香りや匂いを見つけて下さいね。

ロクシタンローズの石鹸など

ロクシタンローズをご存知でしょうか、これはフルーツの香りを4つバラのエッセンスをブレンドしていて花びらそれぞれを1本のボトルに封じて、気品のある一つの花束といったようになっているのです。バラの香りや匂いが好きな人も多いと思いますが、幸せにそして気持ちも明るくしてくれる効果もありますよね。
『女性らしく、エレガントな香りはどなたにも好まれるフレグランス』のように宣伝をされています、石鹸・オイルといった製品のシリーズがロクシタンローズと言われていますね。ロクシタンローズでのオイルの効果がどんな感じかと言いますとお部屋に、南仏のプロバンスのローズの香りといったものを運んでくれることでしょう。

期間限定で毎年発売されていたりしますので、購入をしたい場合にはチェックをしていたほうが良いでしょう。ロクシタンローズのマッサージオイルでは、植物性オイルとあわせ4種類のローズを使用しているようです。ロクシタンローズオイルのバラの香りは、ホルモンバランスを保ってくれるといわれていますので、顔のお手入れ用でフェイスマッサージに使われている人もいらっしゃるようです。

ロクシタンローズのソープ(石鹸)の魅力に、香りがクラシカルで中世のフランス貴族の気分に浸れるといったところもあるようです。ローズのやさしい香りが好きな方にはオススメではないでしょうか。

ロクシタン ローズ石鹸は、クレンジングをしなくてもスクラブが軽めで泡立ち・泡切れもよく、しっとりすべすべ肌になれるようですね。またロクシタン ローズ石鹸・ソープでは、植物性のエキスを使用しているので乾燥肌に対しての効果も期待がもてそうなのです。香りに凝っていらっしゃる方にもオススメの商品ではないでしょうか。

ロクシタンのチェリーブロッサムの人気

ロクシタンが最近では人気があるようですが、これは南フランスのプロヴァンス地方での植物原料と中心として作られています、化粧品ブランドをロクシタンです。特徴がどんなものかといいますと、純粋でやさしいエッセンシャルオイル・植物性エキスというような天然素材にこだわりがあるといったところでしょうか。

オリビエ・サーボンという人が、ロクシタンの創設者になるのですが、南フランスで1976年に設立をしたようですね。
始まりはローズマリーエッセンシャルオイルの製造だと言われています。ロクシタンは、化粧品(ボディケア、スキンケア、バスケア)や芳香剤、フレグランスといったものを製造や販売をしています。

チェリーブロッサムシリーズがロクシタンの製品の中であるのですが、芸術家たちの愛する、南仏リュベロンに咲き誇る桜の園、そんな夢のような場所で春風が吹いて、桜の花びらが舞っている瞬間を想像をしてみてそのような感動的な瞬間をイメージしているのが、『初恋フレグランス』として春を象徴をしている、ロクシタンのチェリーブロッサムとなるのです。このロクシタン チェリーブロッサムシリーズに関していえば、幅広い年齢層でも人気があって価格的にも手ごろな値段で購入できることも魅了ではないでしょうか。
代表的なあるものをキャッチコピーとあげてみましょう、いつでもそっとあなたに寄り添うパフュームのロクシタン チェリーブロッサムソリッドパフューム、新鮮な春の息吹とチェリーの愛らしさをブレンドしたポエティックフレグランスのロクシタン チェリーブロッサムオードトワレ、初恋の頃のような、滑らかなボディに…のロクシタン チェリーブロッサムシマーリングボディミルク、バスルームに南仏の春景色を届けますのロクシタン チェリーブロッサムシャワージェルといったものがありますね。

どのキャッチフレーズをみても、興味をひく使用してみたいと思わせる感じですし、イメージとしてもわかりやすいですね。色々なものを試してみて、一番のお気に入りの商品を長くしようしていきたいですね。
美白の方法は?シミ・シワの解決策を知ろうHOMEへ